草津の家

お施主様が望まれたのは、リビングと庭がつながる家。

そして、小さくてもいいのでプライベートな和室をご希望でした。

 

そこで、建物自体をシンプルなL字型に計画しました。

大きな木製サッシから中庭を望むLDKと和室を、

中間領域としての縁側が緩やかにつないでいます。

 

また、お施主様は左官・真鍮・ステンレスなどの素朴な素材にこだわりがあり、

それらの厳選された素材を生かすために、

できる限り空間はデザインせず、窓も北側の高窓と南側の大開口に絞りました。

 

シンプルな空間に光の陰影だけがこぼれる、

洗練された住まいになりました。

 

生駒の家

本プロジェクトは、閑静な住宅街の一角に建っていた住宅の建替え計画です。

クライアントは,車いすにも対応できる和モダンな空間を望まれました。

 

そこで、本計画では1階スペースを回遊できる車いす対応の間取りとし、

動線をシンプルにしながらも将来にわたって

車いすの親御さんが来られても対応できる住まいを目指しました。

 

また大きな開口部を間取りの両端に配置し、

外部との間にバッファーゾーンとなる縁側やバルコニー空間を設けることで

緩やかに外部空間との繋がりを創り出し、

ファザードでは軒の深い2つの寄棟屋根を組み合わせることで、

凛と佇みながらも古い町並みにも溶け込む、和モダンな空間を創り出しました。

 

近江八幡の家

近江八幡市の新築住宅を施工しました。

普通のご家庭のお住まいにプラスアルファの部屋をひとつ設けた間取りです。

その部屋は、当面はご主人の仕事の事務所スペースとなりますが、

将来的には親御様と同居された時の居室としての機能も見据えています。

玄関をはさんで、その部屋とそれ以外の空間とにボリュームを分け、

外観のデザインにも生かしました。

機能面では気密断熱にもこだわり、換気システムを導入することで、

家中均一な温度ですごせる快適な住まいを目指しました。

1 / 41234